読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっどさまーず・ないつ

When I opened the door called truth, my childhood ended.

誰かの人生を描くことーー「この世界の片隅に」

 完全にビッグウェーブに乗り遅れていましたが、ようやく見ました。以下感想

 

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

 

 

続きを読む

個人的に選ぶ2016年のライトノベル

ライトノベル

2016年ライトノベル個人的ベスト5

 

ヒイラギエイク(ガガガ文庫

ヒイラギエイク (ガガガ文庫)

ヒイラギエイク (ガガガ文庫)

 

 このラノベよりも良質な物語の小説もあるだろう、萌えを感じるラノベもあるだろう、ヒロインが可愛いラノベもあるだろう。だけれどもボクはこのラノベが今年一番好きだ。胸を張って、そう言えるだけの何かがあるラノベだと思う

 

砕け散るところを見せてあげる(新潮文庫nex

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

 

 竹宮ゆゆこの新作。少年がヒーローになる物語。以前書いた以下の記事を参照。

09mazacar.hatenablog.com

 

アサシンズプライド(富士見ファンタジア文庫

  ド直球の王道ラノベ。能力者の学校に通う少女は名家に生まれながら、力を発現させることができなかった。そんな彼女を鍛えるために、家庭教師として凄腕の能力者が派遣されることとなる。とこんな話。まあ誰が読んでも面白い。ウェルメイドなラノベ

 

楽園への清く正しき道程 国王様と楽園の花嫁たち

 文学少女シリーズの作者、野村美月先生の「楽園への清く正しき道程シリーズ」の最終巻。金髪+紫の瞳+お姫様なヒロインとハーレムものを合わせた、ずっと書きたかったというシリーズ。そのなかでも、この最終巻はヒロイン全員と結ばれる激甘な結末。ハーレムの作り方やその結末などアサシンズプライドとは違い、人を選ぶ作品だとは思うがぼくは好き。

 

青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない(電撃文庫

  僕がラノベを読むきっかけとなった作品の1つの区切りとなる巻。SF小説としてのすばらしさ、ライトノベルとしてのすばらしさ、青春小説としてのすばらしさ。すべてが絶妙なバランスで、すべてが幸せな結末へと繋がる。もしこの先、ぼくが誰かにラノベをオススメするなら青春ブタ野郎シリーズだと思う。

 

※個人的なランキングです

※2016年発売のラノベのみ

奥寺先輩という川嶋亜美――『君の名は。』

 ようやく話題作を見た。物語の大まかな内容は他のブログを見てください。ここでは「入れ替わり」というテーマ。1点のみについて話を続ける。

 

前前前世 (movie ver.)

前前前世 (movie ver.)

 
続きを読む

それでも、日本人は「戦争」を選んだー読書メモ①ー

とりあえず読んだので読書メモを。長くなる予定なので少しづつ

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

 

 

続きを読む

シン・ゴジラ

以下、ネタバレ注意。用法用量をお守りの上、自己責任でお願いします。 

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

 
続きを読む

果てなき天のファタルシス

ライトノベル

 「ファタル」と呼ばれる謎の敵により、滅ぼされつつある人類。そんな中で残された僅かな街の一つ、朧市の前線で戦う少年少女達。物語は、記憶喪失の主人公大海八尋が目覚めるところから始まる。

果てなき天のファタルシス (星海社FICTIONS)

果てなき天のファタルシス (星海社FICTIONS)

 

 

続きを読む

砕け散るところを見せてあげる

ライトノベル

 とらドラ!の作者の最新作「砕け散るところを見せてあげる」。物語は受験を控えた高校生・濱田清澄が偶然目にした下級生のいじめ。幼稚な悪意をぶつけられる少女・蔵本玻璃を助けたことから始まる。それをきっかけに主人公は彼女のことが気になり始め、やがて素の彼女と接することができるようになる。しかし玻璃が本当に抱えていた問題はいじめではなくて……と物語は進んでいく。

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

 

 

続きを読む